葉酸とは、別名でビタミンMやビタミンB9とも呼ばれることがあり、「ビタミン」と名のつくとおり、私たち人間の生命維持に不可欠である物質です。

この葉酸が体内に不足するとさまざまな悪影響を及ぼします。例えば、貧血のような症状が現れたり、免疫機能の低下や消化機能の低下などさまざまあります。

特に、妊婦の方々などはこの葉酸が不足しやすいといわれており、注意が必要です。では、葉酸の不足を防ぐためにはどうすればいいのでしょうか。

葉酸は、その名の通り刃物や際に多く含まれることがあり、ほうれん草やなば菜をとると良いと思われます。また、葉酸の入ったサプリメントなどもありますのでそちらの摂取も良いと思われます。

ただ、足りなくてもよくないのはもちろんのこと、過剰に摂取してもいいことずくめというわけではありません。葉酸は水溶性ビタミンなので過剰摂取をしてもそれほど大事にいたることはないと思われますが、日頃の食事内容に照らして、適切な量を摂取するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です